パック考察 リンクス

エアリアル・アサルト新パック考察!AERIAL ASSAULT【遊戯王デュエルリンクス】【Yu-Gi-Oh!Duel Links】

目次

 

遊戯王 デュエルリンクス エアリアル・アサルト

 

あいさつ

ドーモ、がりす。です!

新パックが来てます!

今回のパック一言で表すと「やってんなぁ!」って感じ。まさかの表紙がゼピュロス笑メインパックですのでサクサク紹介していきたい。

  

今パックは、「BF」「インゼクター」「帝」「シンクロン」などが強化されました。いつもカードの紹介みたくなってしまっているので頑張って考察していこうと思います!

 

さっそくエアリアル・アサルト AERIAL ASSAULT」見ていきましょう(。-`ω-)!

 

いつも通り気になるところをかいつまんで紹介していきます。
カード名をクリックすると遊戯王wikiに飛びます。

※ミス等ありましたら教えてくださると助かります。
(表記:NS→通常召喚、SS→特殊召喚、EF→効果発動、SyS→シンクロ召喚、FuS→融合召喚

 

AERIAL ASSAULT

 

www.konami.com

 

《ジェット・シンクロン》

f:id:degu324:20191110153847p:plain

まずはこのカード!「シンクロン」の代表格!通称ジェットロン

必要性A・汎用性A・コンボ性S

①の効果と②の効果がありますが、1ターンにいずれかしか使えません。主に使われるのは②の効果です。《ゾンビキャリア》のように墓地から蘇生できる☆1チューナー。あちらと違って手札を墓地に送ることが出来るのでコンボの幅はこちらの方が上です。

f:id:degu324:20191110160512p:plain

公式のHPには、スキルのフィールド魔法にゼピュロスとジェットロンで☆5シンクロを狙おうと書いてありますね。

もう少し掘り下げるなら…こいつ機械族なんですよ
そう、機械族といえば…

f:id:degu324:20191026041730p:plain

こいつ!万能すぎる《スクラップ・リサイクラー》

リサイクラーNS→ジェットロン墓地へ→ジェットロンEFゼピュロスコストに自己蘇生→ゼピュロスEFリサイクラー戻して自己蘇生→1+4=☆5シンクロ

リサイクラーNS→ジェットロン墓地へ→ジェットロンEFゼピュロスコストに自己蘇生→ゼピュロスEFフィールド魔法戻して自己蘇生→1+4+3=☆8シンクロ

といった動きもできます!

他テーマで言えば、クリストロンや代償堕天使とかでも使えると思います。
とりあえず1枚は入手しておきましょう!様々な場面で活躍します。

 

 《氷結界の龍 ブリューナク》《ダークエンド・ドラゴン》

f:id:degu324:20191110201138p:plain
f:id:degu324:20191110201127p:plain

汎用性A・必要性B・コンボ性B

ステータスはそこまで高くないですが、どちらも非常に優秀な効果を持ったシンクロモンスターで条件も緩いです。対象に取ってしまうところは注意ですが、ブリューナクはバウンス、ダークエンドは墓地送りです。1枚は入手しておきたいカード!

 

《召喚獣プルガトリオ》

f:id:degu324:20191110153828p:plain

来ちゃったか―w 炎属性版の召喚獣です。
全属性の中でもコイツは飛びぬけてヤバい奴です。

召喚獣なら必要性S

貫通持ちの全体攻撃で相手のカードの数だけパンプアップします。平気でライフを削り取っていくので悪魔族なのは間違いないです。

f:id:degu324:20191110163807p:plain

今流行りのコンセントワンキルにはより一層気を付けたいですね…(>_<)

さて、炎属性版が来たという事で炎属性テーマと召喚獣の組み合わせも出てくることでしょう。そこで、今までの炎属性テーマを洗い出してみます。

ジュラック、炎星、炎王、陽炎獣、エヴォル、フレムベル、ヴォルカニック、ラヴァル、結構ありますね。中でも相性がよさそうなのはヴォルカニックとラヴァル。

f:id:degu324:20191110165018p:plain
f:id:degu324:20191110165144p:plain
f:id:degu324:20191110165151p:plain

《ヴォルカニック・バレット》は、墓地にあれば同名カードをサーチできて、継続的な手札コストとして使える。コストで500ライフを払うのでスキルのトリガーにもなってくれそうです。

ラヴァルは《炎熱伝導場》で墓地にラヴァルを送ることが出来ますし、チューナーのラヴァルは除外された後も、《ラヴァル・キャノン》からS召喚できるので相性がよさそうです。チューナーのレベルも1・2・3といるので5・6・7のシンクロがしやすいです。《氷結界の龍 ブリューナク》も出せるので《召喚獣コキュートス》の素材にもなりますね。ラヴァルについては以前のパック考察記事でも触れているのでそちらを読んでみてください。

f:id:degu324:20190219054544p:plain
f:id:degu324:20190219054551p:plain
f:id:degu324:20190219054557p:plain

degu324.hatenablog.com

単品のカードなら、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》は腐っても素材にできるし、《ブラック・ローズ・ドラゴン》で全破壊した後素材にしてプルガトリオまでつなげられる。ジェットロンも手札から素材にすれば墓地効果でS召喚につなげることが出来る。

f:id:degu324:20191110171000p:plain
f:id:degu324:20191110165901p:plain
f:id:degu324:20191110153847p:plain

 

《スポーア》

f:id:degu324:20191110191630p:plain

汎用性B・必要性B・コンボ性A

セレクションボックスのカードがここで遂に登場しました。そんなに必要性はないけど持ってたらいいね程度です。ですが何気にこのカードコンボがなかなかに面白いので取り上げました。

十六夜アキ」のスキルに「墓地より芽吹くもの」があります。
自分の墓地に「ダーク・ヴァージャー」(植物族・☆2・地・0/1000)が1枚置かれた状態でデュエルが開始される。というスキルですが、スポーアと相性がとてもいいです。

スポーアNS→ヴァ―ジャー蘇生→☆3ゴヨウ・ディフェンダーS召喚→ゴヨウ・ディフェンダーEFでもう1体のゴヨウ・ディフェンダーエクストラデッキからSS→スポーアEF墓地のヴァ―ジャー除外し☆3で自己蘇生→3+3+3=☆9シンクロ

f:id:degu324:20191110191630p:plain
f:id:degu324:20191110192913p:plain
f:id:degu324:20191110192530p:plain
f:id:degu324:20191110192511p:plain
f:id:degu324:20190124154949j:plain

といった動きがスポーア1枚からできるのでとても面白いです。

 

《BF》

f:id:degu324:20191110153839p:plain
f:id:degu324:20191110153854p:plain
f:id:degu324:20191110154019p:plain

BF強化が来てなかなか強いカードが実装されました。BFは特殊召喚に長けており、シンクロモンスターを並べ数で圧倒する戦法を得意とします。

 

特に、《BF-精鋭のゼピュロス》は自分の表側表示のカードを手札に戻す事で自己再生が可能で汎用性もかなり高めです。
汎用性S・必要性A・コンボ性S
「1ターンに1度」などの効果を持ったカードを手札に戻すことで繰り返し使うことが出来たりと、その使いやすさはBFにとどまりません。このカードは1枚は必ず入手しておきましょう。

 

《BF-疾風のゲイル》特殊召喚できる能力に加えて相手の攻守を半減する効果がめちゃくちゃ強いです。単体だけでステータス2600までを相手にできて、なおかつチューナーです。その1300という攻撃力ゆえに《黒い旋風》から容易にサーチができます。《BF-黒槍のブラスト》NS→黒い旋風EF攻撃力1700未満サーチ→ゲイルサーチSS→☆7S召喚といった具合に、BFは簡単にシンクロ召喚が可能です。

f:id:degu324:20191110195646p:plain
f:id:degu324:20191110195445p:plain
f:id:degu324:20191110153854p:plain

《BF-毒風のシムーン》は、《黒い旋風》をデッキから直接置く事ができるBF。
そのまま自身を召喚でき、攻撃力1600未満のBFのサーチまでスムーズに行う事ができる。←召喚権は使ってないです、あくまで自分の効果で召喚しています。
発動条件故に中盤以降腐る事も少なくないですが、発動できればデッキの回転率を上げる事ができます。

f:id:degu324:20191110154019p:plain
f:id:degu324:20191110195445p:plain
f:id:degu324:20191110210146p:plain
f:id:degu324:20191110203324p:plain
f:id:degu324:20191110202708p:plain
f:id:degu324:20191110201127p:plain

シムーンEF旋風サーチNS→旋風EF《BF-極北のブリザード》サーチ→ブリザードNS→旋風EF《BF-突風のオロシ》サーチ→オロシSS→シムーン+オロシ=《BF T-漆黒のホーク・ジョー》S召喚→ホークジョーEFシムーン蘇生→シムーン+ブリザード=☆8S召喚 といったことが出来ます!

 

また、孔雀舞のスキルでフィールド魔法《ハーピィの狩場》を張れば、BFの攻守が200上がるので、黒い旋風の範囲を広げることが出来ます!

シムーンでサーチした黒い旋風はうまくゼピュロスで回収してデメリットを回避したいですね!BFはなかなか動けるようになったと思います!

 

《転生の予言》《騒々虫》《メンタルドレイン》

f:id:degu324:20191110193604p:plain
f:id:degu324:20191110193706p:plain
f:id:degu324:20191111004633p:plain

「メンタルドレイン」は、手札のモンスターが効果を発動できなくなる効果を持ってます。今流行りの堕天使や召喚獣のアレイスター、クリボールなどの手札誘発を封じることが出来ます。

相手を妨害するカードとしてサイド制の大会などで使用してみてもよいかもしれません。「転生の予言」は墓地利用のデッキに対して、「騒々虫」はシンクロデッキに対してのレベル合わせ妨害として一役買ってくれそうです。

 

おわりに

今回のパックは3周するかはとりあえず様子見でいいと思いますが、1枚は取っておきたいカードが複数あるので1周はしていい良パックだと思います!

 

 

以上、がりす。の新パック気になるカード考察&紹介でした!(*^_^*)/

Twitterのフォローも良かったらお願いします!

 


遊戯王ランキング

 

この記事が良かったと思ったらコメントしてくれたり、読者になっていただけると励みになります!ほかの記事も是非読んでみて下さい!